2007年07月30日

俺んちの灯籠


「もう六時だぜ。灯籠を出さなきゃ。」
「でも天気悪いよ。雨降ったら困るでしょ、和紙の灯籠だから。」
「そっか、んじゃしまうよ。」
「でも、みんなたのしみにしてるし。」
「んじゃだすよ。」
「でも雨降ったら困るし。」
「んじゃ、しまうよ。」
「でも・・・・、」
「どっちなんだよ!はっきりしろよ!」
結局出したけど。

おまけ連載家出!?(11)
前回までのあらすじ
旅館経営の過酷さと肘折内の抗争(?)に疲れたふたりは春の陽気に誘われて(?)散歩にでたのであった。ダムのそばの遊歩道に入るとなぞの地蔵郡に導かれ、どんどん山奥に入っていくのであった。

[やっと広いところへでた。」 「むむっ何やら標識が!」 「地蔵倉へ行くのか!」
・・・・・to be continued



Posted by 三春屋ニイサン at 18:35│Comments(3)
この記事へのコメント
和紙の灯篭の明かりはやわらかいですね。
心がやさしくなります。
雨降らないといいですね!!
Posted by ムギコ at 2007年07月30日 21:21
すごい綺麗な森の中の道ですね♪癒されます(ノ^^)八(^^ )ノ
勿論夏もいいけど秋もよさそうな風景ですね(´∀`)
Posted by やまちょ at 2007年07月30日 23:49
肘折温泉と芸工大の灯籠プロジェクトです。
8/20まで(だったかなー?)肘折22軒の旅館で飾ってます。ぜひごらんあれ。
やまちょさんありがとうございます。
秋もなかなかいいですよ。でも遊歩道とはほんとに名ばかりの山道ですけど。
Posted by 肘折ニイサン at 2007年07月31日 07:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俺んちの灯籠
    コメント(3)